のどかな街並みが広がる「あざみ野」駅周辺。実はここ、お隣のたまプラーザ駅と併せて、東急急行電鉄が大規模な開発を行った地域なのです。

海外の「田園都市構想」を参考にしたとされるその開発は、“自然と都市の機能が調和した街”を目標に行われています。中でもあざみ野駅周辺は、「第一種低層住居専用地域」に指定されており、これによって高い建物の建設ができなくなっています。もちろん、不動産物件の中には高級感があり、優雅な造りとなっているものもたくさんあります。そのため、ここに奥様方は「アザミネーゼ」と呼ばれることもあるようです。

なお、ハイソなイメージがあるあざみ野駅周辺ですが、実は賃貸相場はそこまで高くないというのもポイントのひとつ。のどかで優雅な生活を送れるあざみ野の不動産物件を、ぜひ探してみてください。