住みたい街ランキングの常連である「たまプラーザ駅」。今や、吉祥寺や二子玉川に負けるとも劣らない人気の街です。特に東急田園都市千園線駅の中では1位を獲得したこともあります。今後も人気が高まることが予想されますね。

なお、同駅が開発されたのは2006年以降の話。モデルになったのはロンドン郊外の田園都市で、美しく緑豊かな街並みが印象的です。人口に比べて犯罪率が低く、教育環境の良さもあり高い評価を受けています。

不動産に目を向けると、特に注目なのはなんと言っても「美しの森」と呼ばれる犬蔵エリアです。ここに立ち並ぶ物件は、洗練された外観はもちろん、敷地内に緑が確保されており、エリア全体でひとつのコンセプトが作り上げられています。また、交差点や道路、公園には防犯カメラも設置されセキュリティ面もGOOD。美しくて安心の暮らしが約束されています。

もちろん、犬蔵エリアにもおすすめの物件が数多く点在しています。ゆとりある生活を送るための不動産をお探しの方は、ぜひたまプラーザ駅周辺を視野に入れてみてください。