川崎市麻生区は、昭和音楽大学や日本映画大学、川崎市アートセンターなどの文化施設が充実していて、 市民と行政が連携をとって「芸術・文化のまち麻生」の確立を目指しています。
そんな、川崎市麻生区の地域情報をご紹介します。 施設が充実しているだけではなく、市民参加型のさまざまなイベントが1年を通して行われています。
春には「アルテリッカしんゆり」と呼ばれる、川崎・しんゆり芸術祭が開催され、 音楽・映画・演劇・伝統文化などのさまざまなジャンルの催し物が揃います。
また、「誰もが気軽に音楽を楽しめるように」というコンセプトのもと「あさお芸術のまちコンサート」が区内のホールなどで開催され、 6月~7月頃には区民手作りのコンサート「麻生音楽祭」も催されています。
11月には、市民が作る映画のおまつり「KAWASAKIしんゆり映画祭」が開催。
企画や運営の中心を市民が担い、行政がバックアップしています。 川崎市麻生区は、生活の中に文化や芸術が息づいている、まさに「芸術のまち」なのです。